最誓寺(伊東氏の墓)の解説~八重姫が嫁いだとされる「謎の江間四郎」は北条義時なのか?検証してみた

最誓寺

最誓寺とは

伊豆・最誓寺(さいせいじ)は、静岡県伊東市音無町にある曹洞宗の寺院です。
八重姫源頼朝が会っていたと言う、音無の森(音無神社)の近くにあります。

八重は伊東の領主・伊東祐親の娘で、その頃、伊豆に流刑となり、伊東・北の小御所にて暮していた源頼朝(佐殿)と、密かに通ずる仲となります。
やがて、2人の間には、千鶴丸が産まれましたが、平家の寵臣である父・伊東祐親の怒りにふれ、千鶴丸は、稚児ヶ淵に沈められてしまいました。

その後、伊東祐親の命にて、八重姫は、江間四郎(江間小四郎、江間小次郎、江間次郎)に嫁いだともされます。
そして、江間四郎(江間小次郎)と八重姫が、千鶴丸(千鶴御前)の菩提を弔うため、おとなしの森に、寺を建立しました。

伊東・最誓寺

千鶴丸の西方成仏の意に因み、寺号を「西成寺」にしたとあります。

戦国時代の慶長元年(1596年)に、曹洞宗に改宗し「最誓寺」と改めて、現在に至ります 。

謎の江間四郎

江間四郎(江間小四郎、江間小次郎)と言う武将を、鎌倉幕府2代執権・北条義時のことだと、伊東を訪れますと、よく目に致します。
確かに、北条義時は、元服すると、父・北条時政から、伊豆・江間荘を与えられたようで、江間四郎と称しています。
鎌倉幕府が成立してからも、しばらく、江間四郎と言う名前で登場しています。
実際に、伊豆・北条寺にある北条義時の墓には「北條相模守従四位下 江間小次郎平義時」と刻まれています。
しかし、下記の理由から、八重姫が嫁いだ江間四郎が、北条義時であるとは、考えにくいのです。



北条義時が生まれたのは1163年で、千鶴丸が殺害されたのは1175年9月頃(もしくは1173年頃)と推定されています。
仮に、八重姫が北条義時に嫁いだとすると、北条義時は12歳前後で、妻に迎えたことになります。
これは、年齢的にはギリギリといったところですので、可能性はあったかも知れませんが、ちょっと早すぎる感があります。
また、北条義時の母は、伊東祐親の長女とされます。
すなわち、八重の姉が産んだ子が、北条義時であるため、そんな近親に、結婚するとは、考えにくいところがあります。
結婚したのではなく、八重姫の姉が、八重を預かって、子の北条義時の領地にて面倒を見たと考えた場合には、まあまあ納得できます。
北条義時の元にいたら、はた目からは、結婚したのではと、見受けられたかも知れませんしね。
なお、北条義時の正室は、比企朝宗の娘・姫の前とされています。
北条義時の継室は伊賀の方(藤原朝光の娘)、側室は阿波局、伊佐朝政の娘などで、八重姫の名を確認することはできません。
ただし、母が不明の子もいますが、北条家の系図から八重の名は出てきません。

虎御前が語り継ぎ、のち軍記物としてまとめられた曽我物語では、八重姫は江間次郎という武士のもとに嫁いでいます。
曽我物語は、語り継がれてきた内容を、いくつかの本にまとめたものでして、真名本の曾我物語では、江馬次郎(江間次郎)は、源頼朝が挙兵したあと、伊東祐親の子・伊東祐清とともに、江馬次郎(江間次郎)も加賀国にて討死し、その江馬次郎(江間次郎)の子は、北条義時が養育して「江馬小次郎」と名乗らせたとあります。
確かに、伊東祐清は、源義仲(木曽義仲)と戦った加賀篠原(石川県江沼郡)にて、討死しています。

江戸時代中期に編纂された豆州志稿(ずしゅうしこう)によると「のち、源頼朝は八重姫が嫁いだ江間次郎を殺害し、その子を北条義時に育てさせ、元服したのちには北条義時を烏帽子親として、江間小次郎と名乗らせた」ともあります。



ここで、四郎ではなく次郎と言う名前が出て来るのですが、鎌倉時代中期の武将・北条時親の子に、江間太郎親時・江間次郎盛時がいます。
しかし、鎌倉時代に入ってからの人物ですので、八重姫の平安時代末期と、時代があいません。

もう一人、江間小四郎を称した武将として、江馬輝経がいます。
この江馬輝経は、平家滅亡のあと、北条時政が養育した、敵側である平経盛の子ともされます。
ただし、八重姫の事件は、平家滅亡の前ですので、時代が合いません。
しかし、江馬輝経は、北条荘の隣である江間荘を与えられた(江間氏を名乗らせた)とみてよいでしょう。

このように、あとの時代でも江間次郎・江間氏と称する武将がいますので、北条義時が江間四郎と称していたよりも、1代前の時代などに「江間四郎」「江間次郎」「江間小四郎」「江間小次郎」と称した別人の武将がいても、おかしくないです。
問題なのは、八重姫が結婚したと言う、江間次郎(江間四郎)の下の名前が、わからないと言う点です。
このように、八重姫が嫁いだとされる江間四郎は誰だったのか?と申しますと、これがまた、ハッキリしないのも事実です。

伊東祐親の親心を考えてみても、不幸にしてしまった八重を、他家に嫁がせるか?、ちょっと疑問に感じます。
仮に自分が八重姫の親でしたら、目が行き届きやすい、近隣の一族、または家来に嫁がせると思います。
これらの理由から、八重姫が嫁いだ江間四郎と言う人物は、北条義時ではない可能性が高いと言えます。
恐らく、この江馬次郎(江間次郎)と言う人物が、北条義時とは別人として、存在していたとすると、北条荘から伊東荘に来て、伊東氏の家人になっていた、江間一族(江間氏)がいたと推測すれば、一番、しっくりくるでしょうか?



更に「曽我物語」によると、他家に嫁いでいた八重姫は、1180年、父・伊東祐親が伊豆を留守しているあいだに、宇佐美から抜け出し、伊豆の山を越えて、源頼朝が身を寄せていた北条時政の邸宅を、待女6名を連れて訪ねます。
宇佐美からではなく、伊東・竹の内の別館(静岡県伊東市竹の内)から抜け出したとの記述もあります。

このように、宇佐美は、伊東氏の領地ですし、八重が生きていたとしたら、やはり、伊東にいたと考えてよいでしょう。

他にも、八重に関しては、入水自殺した、千葉氏に嫁いだなど、色々と説があり「源平闘争録」では、鎌倉幕府が成立した時点において、八重姫は生きていることになっています。
また、八重姫自体は実在しなかった、伝説の存在ともされます。
更にひとつ調べてみましたので、よろしければ、下記も合わせて、ご確認頂けますと幸いです。

八重姫の嫁ぎ先である江間小次郎(江間四郎)は原小次郎(京の小次郎・源信俊)なのか?

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にて、大泉洋さんの「源頼朝」と、新垣結衣さん演じる「八重」、そして、 主人公・北条義時(小栗旬さん)との関係を、脚本家の三谷幸喜さんが、どのような解釈で描くのか?、大変楽しみなところです。

最誓寺の山門を入って左手に、伊東家の墓(伊東一族の墓)があります。

伊東一族の墓

この墓石は、もともと、伊東家の菩提寺である伊豆・東光寺にあったのですが、寺が衰退して江戸時代末期には、1度、廃寺になっています。
この時、伊東一族の宝篋印塔や五輪塔などが、最誓寺に移されたとの事です。

交通アクセス

最誓寺への交通アクセス・行き方ですが、伊東駅から約1.3km、徒歩16分といったところです。
駐車場はありませんので、付近のコインパーキング利用となります。



伊東温泉からも、そんなに遠くはありません。
訪問される場合には、音無神社、日暮八幡神社もセットでどうぞ。

八重姫は、北条時政の屋敷がある、伊豆の国市にある真珠院にて供養されています。

伊東祐親の解説~八重姫の父で源頼朝の命を狙った伊東氏
女塚の解説「八重姫の侍女が自刃した伊豆の峠路」
伊東【稚児ヶ淵】がある場所はココ~八重姫の子・千鶴丸(千鶴御前)最後の地
5分でわかる源頼朝の解説~鎌倉幕府ができるまでの経緯もわかりやすく
北条時政の解説(わかりやすく)~執権としての生涯と牧の方「伊豆韮山にある願成就院」
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
1分でわかる北条義時の解説【鎌倉殿の13人】鎌倉幕府第2代執権
伊東祐清をわかりやすく3分で解説~八重の兄で源頼朝を逃がすも(鎌倉殿の13人)
音無神社を1分でわかりやすく解説~伊豆にある八重姫・源頼朝のデートスポット
伊豆・北条寺(北條寺)の解説~北条義時夫妻の墓がある江間の寺院
伊豆・江間荘「江間氏館」の解説~江間四郎・江間次郎・江馬輝経など江間氏を検証
北条義時の解説~鎌倉幕府の第2代執権の生涯
八重姫(伊東祐親の3女)の解説~源頼朝の子をなすも悲運の女性「わかりやすく説明」
源頼朝【一杯水】(熱海の湧水・頼朝の一杯水)~標高321mの峠近くで今でも湧いている泉
玖須美館(伊東)の解説~伊豆・久須美荘(玖須美荘)を領した工藤氏(伊東氏)の本拠地
八重姫の嫁ぎ先である江間小次郎(江間四郎)は原小次郎(京の小次郎・源信俊)なのか?
史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。