夜這いとは? 源氏物語にも登場するヨバイの本当の意味

夜這いとは?

夜這い(よばい)とは?、辞書で調べますと、だいたい「夜、恋人のもとへ忍んで通うこと。特に、男が女の寝所に忍び入って情を通じること。」「結婚を求めて言い寄ること。求婚すること。」とあります。
女性の寝床に忍び込むと言うイメージが強いですが、現代において「夜這い」は、もはやなく、かつての文化と言えます。
この記事では、源氏物語に登場する夜這いのシーンから、近年までの日本の夜這いに関して調べてみました。

まず、紫式部が書いた源氏物語では、平安貴族の男性が、夜な夜な、女性の家を訪れることが描かれています。
しかし、この「夜這い」と言うのは、現在、思い浮かべるようなものとは、実情は異なります。
当時から、夜這いと言うものは、結婚に至るまでの段取りのひとつでした。



まず、大きく異なるのは、事前に、その女性と「約束」のようなものが存在しています。
全く知らない女性の家に、突然行くと言う事ではなく、夜這いすることを、事前に「同意」しているとも考えられるところです。
とは申しても、顔見知りであったとは限りませんが、少なくとも「存在」を知り、平安時代には、男性が意中の女性に「和歌」を送っては、何度もやりとりするなどしました。
そして、お互いに相手を思う様になると、夜間、暗くなってから、男性が女性の屋敷に通ったと言う事になります。

身分の高い家の女性は、基本的に自分の屋敷から外には出ません。
また、親しい人以外は、御簾(ミス)※スダレのようなものを介してでないと、顔も見れないので、美人かも不明です。
その為、年頃の娘を持った貴族の親は、自分の娘の噂を流して、興味をひくように仕向けていました。
そして、噂を聞いた年頃の男性は、和歌を送っては、どのような女性なのか?、性格などを「歌」から確認して、お互いに会いたいと言う事になったら、夜這いに行く訳です。

貴族の男性の場合、見つからないようにコソコソと行く訳ではなく、牛車に乗り、供を連れて行くことありますので、こっそり訪れたと言う事はありません。
相手の女性の家でも侍女以外の家人は、気が付いても、知らないふりをしていたと言います。
こうして何回か通い、お互いの気持ちを確認すると、儀式を行い、家人に紹介し、宴(披露宴)となりました。
女性側の家にとっても、相手のほうが身分が高かったり、良い男性であれば、大変うれしい事だったでしょう。

当然、親も夜這いをした経験がある訳でして、娘が1度も夜這いを受けていないと「娘に問題があるのでは?」と心配をすることもあったようです。

このように、夜這いと言っても、事前にある程度の合意があり、何回も通ったと言う事が言えます。
なんにしても、夜は「暗い」ので、まだ、相手の親に見つかりにくいと言うところがありました。
なお、重婚、夜這いは当たり前でしたので、結婚したあとでも、女性は、そのまま実家に住んでいることが多く、結婚後も男性が女性のもとに通うのが普通でした。



この夜這いの風習は、貴族に限ったことではなく、民衆にも大きく広がっていましたが、日本において、いつ頃から、夜這いがあったのか、定かではありません。
「呼ぶ」と言う言葉は、古代の意味・表現として「よばう」と言う使い方がありますので、かなり昔からあった可能性もあります。
暗い夜では、部屋の中も真っ暗でみえないので、床を這うようにして、相手の寝床に忍び込んだので「夜這い」と呼ばれるようになったと言う説もあります。

江戸時代などには、女性の噂を聞いた男性は、手紙を送るなどして、何回かやり取りしました。
そして、お互いに「会いたい」となると、男性が夜に女性の家を訪問した訳です。
片道2時間歩くなんてことは、ザラだったようです。
電気も無い時代、基本的に夜は真っ暗ですので、こっそりと会い求婚しました。
しかし、相手の親に見つかれば、当然、怒られることもあったようです。
旧家の場合、屋根裏部屋を、夜這い防止のため、女性の寝室にしているケースも見受けられます。
例えば、山深い飛騨の白川郷周辺では、厳しい生活から、女性も貴重な働き手だったので、男性に取られないよう、若い女性は、屋根裏で寝かせていたと言います。

現在、夜這いはありませんが、少なくとも「電灯」が普及する以前、約150年前(1870年頃・明治3年頃)までは、一部の農村・漁村であったようです。
特に山間部の農村では遅くまで残っており、男性ではなく、女性が通う風習を持つ地域もあった模様です。



明治以降、夜這いの風習が廃れます。
近代化や道徳の向上目的、一夫一婦制制などもあり、夜這いが全面的に禁止されることになりました。
以上のように、事前に女性と口約束をしてから夜這いをすることがほとんどですので、強姦、レイプとは違うものだったのです。

光源氏とは 源氏物語の主人公
紫式部の生涯 源氏物語が執筆された廬山寺

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。