八重姫様供養堂「伊豆・眞珠院」悲劇の御姫様伝説「真珠ヶ淵」の地

八重姫様供養堂

八重姫様供養堂とは

八重姫様供養堂は、八重姫御堂(やえひめみどう)と言う、源頼朝との悲恋の末、無念の死を遂げた、伊東祐親の娘・八重姫の供養堂になります。
現在、伊豆・守山城跡がある南側の麓、真珠院(しんじゅいん)と言う寺院の境内(伊豆の国市中條)にあります。

伊豆・真珠院

真珠院は、鎌倉時代に真言宗の寺として開山したあと、室町時代には曹洞宗に改宗しています。

2022年「鎌倉殿の13人」では、人気女優の新垣結衣さんが、八重として、大河ドラマ初出演されます。



八重姫の話としては、下記の通りになります。
流刑で伊豆にやってきた源頼朝は、最初、伊東荘で暮らしたようです。
その時、八重姫と恋仲になり、千鶴丸をもうけますが、京から戻った伊東祐親の怒りにあい、千鶴丸は轟ヶ淵に捨てられ、襲撃されそうになった源頼朝も逃走しました。
源頼朝は、その後、ここ北条荘北条時政が預かっており、その北条時政が京にいたあいだに、今度は北条政子が源頼朝と恋仲となり、子も儲けました。

のち、1180年7月16日ともされますが、源頼朝のことを忘れらなかった八重は、侍女7名(6名とも)と共に、宇佐美から北条荘にやってきました。
ちなみに、源頼朝が挙兵したのは、約1ヶ月後の1180年8月17日でして、4月27日には、源行家から以仁王が平家追討を命ずる令旨が伊豆に届いています。
更に、山木兼隆(平兼隆)が、伊豆目代になったのは、早くて6月29日です。
このように、八重姫が北条荘に来たとされるのは、挙兵の1ヶ月前頃ですので、源頼朝も、あちこちに使者を出すなどして、味方を募ったり、軍議を開いたり、忙しくなっていた時期だと考えられます。
逆に申し上げれば、単純に会いたかったためと言うよりは、源頼朝が挙兵するかもと言う話を耳にした八重姫が、もう、会えなくなる可能性を感じて、わざわざ、北条荘に出向いたのかも知れません。



そんな時期に八重姫は北条氏の館を訪ねた訳ですが、すでに、北条政子と結婚しているとして、源頼朝に会えなかったとされます。
まぁ、当時、源頼朝に、妾・側室など、何人いても、おかしくないのは、八重姫も理解していたはずです。
北条政子が妨害したように伝わっていますが、いずれにせよ、悲観した八重姫は、増水して激流が渦巻く古川の真珠ヶ淵に身を投げたとされます。
その古川の脇にあるのが、この八重姫供養堂と、真珠院と言う事になります。

ただし、現在の古川は、河川もまっすぐに改良されており、真珠ヶ淵がどこだったのかは、不明です。
八重姫供養堂は、子育ての守り姫としても、親しまれているようです。

八重姫供養堂

なお、念のため、明記しておきますが、八重姫自体は伝説の存在ともされ、実在していたのか、確証がありません。
実際に、伊東祐親は、源頼朝を暗殺しようとしましたが、それが、八重姫のことが理由だったのか?は、不明といったところです。

侍女も後を追って、身を投げたともされ、八重姫主従七女之碑もあります。

八重姫主従七女之碑

交通アクセス

八重姫様供養堂への行き方・交通アクセスですが、伊豆長岡駅から徒歩12分(約840m)、または、韮山駅から徒歩18分(1.2km)となります。
伊豆の国市レンタサイクル(貸自転車)を利用するのも便利です。
真珠院の山門前に、10台程度の参拝者用駐車場が完備されています。
とてもきれいになさっているお寺さんで、不在で無ければ、御朱印も頂けるようです。



八重姫にご興味がある場合には、北条氏館跡や、女塚とセットでどうぞ。
また、近隣であれば、北条政子産湯の井戸願成就院、北条時政の屋敷跡、堀越御所跡などもあります。

八重姫(伊東祐親の3女)の解説~源頼朝の子をなすも悲運の女性「わかりやすく説明」
伊東祐親の解説~八重姫の父で源頼朝の命を狙った伊東氏
女塚の解説「八重姫の侍女が自刃した伊豆の峠路」
5分でわかる源頼朝の解説~鎌倉幕府ができるまでの経緯もわかりやすく
伊豆・江間荘「江間氏館」の解説~江間四郎・江間次郎・江馬輝経など江間氏を検証
北条時政の解説(わかりやすく)~執権としての生涯と牧の方「伊豆韮山にある願成就院」
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
願成就院の解説【鎌倉殿の13人】伊豆・北条荘にある北条家の菩提寺
伊東【稚児ヶ淵】がある場所はココ~八重姫の子・千鶴丸(千鶴御前)最後の地
北条政子産湯の井戸【伊豆の国市】駐車場・場所と歴史解説
最誓寺(伊東氏の墓)の解説~八重姫が嫁いだとされる「謎の江間四郎」は北条義時なのか?検証してみた
北条氏邸跡(円成寺跡)の解説【鎌倉殿の13人】伊豆・北条荘にある北条氏館跡
伊豆など史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。