渋沢ゑい(渋沢エイ)の解説【青天を衝け】

渋沢エイ

渋沢ゑい(渋沢エイ)は、渋沢栄一の母とになります。
2021年1月スタートのNHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)でも重要な役として、登場致します。

渋沢ゑい

渋沢ゑい(しぶさわ-えい)は、渋沢栄一の母で、生年は江戸時代後期の1811年、没年は1874年(明治7年)です。
中の家(なかんち)と呼ばれる渋沢家の娘で、渋沢市郎右衛門元助を婿に迎えました。
冬に羽織を手にして、子の渋沢栄一を追いかけた姿から「羽織のおゑい」と呼び親しまれたとあります。
渋沢栄一を、愛情深く育てた慈愛の母で、お人好しで情け深く「みんながうれしいのが一番」であることを、幼き栄一に教えたと言う設定です。



なお、内助の功となる家庭の女性だけに、詳しいことは、よくわからない点が多いです。

渋沢エイは、女優の和久井映見(わくい-えみ)さんが演じられます。

他にも、渋沢栄一にまつわる、渋沢家の女性に関して解説させて頂いております。

渋沢なか~渋沢栄一の姉を解説【青天を衝け】
渋沢てい~渋沢栄一の妹を解説【青天を衝け】
尾高千代 (渋沢千代) とは 渋沢栄一の最初の正妻
渋沢よし「新屋敷」渋沢喜作の妻の解説【青天を衝け】
渋沢まさ「東の家」渋沢宗助の妻【青天を衝け】
渋沢市郎右衛門の解説 渋沢ゑい(渋沢エイ)も
渋沢宗助の解説 東の家の当主 渋沢まさ も
渋沢栄一の解説 日本の実業界・社会福祉・教育などに大きく貢献

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。