渋沢まさ「東の家」渋沢宗助の妻【青天を衝け】

渋沢まさ

渋沢まさ(しぶさわ-まさ)は幕末の女性で、渋沢一族で最も裕福な東の家・渋沢宗助の妻となります。
2021年1月スタートのNHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)では、女優の朝加真由美(あさか-まゆみ)さんが、演じられます。

番組紹介においては下記のように明記されています。

東の家の当主・渋沢宗助の妻であり、渋沢栄一の伯母。
人はいいが少々おせっかいな性格で、親戚である「中の家」でも何かにつけて世話を焼きたがる。
渋沢宗助とのコンビネーションが絶妙で、なんだか憎めないおしどり夫婦。

東の家は、名字帯刀を許され、岡部藩の御用達と、渋沢一族の中でも、一番の格式がありました。
※中の家なども、名字帯刀などは許されています。

渋沢栄一の父である渋沢元助(渋沢市郎右衛門元助)は、渋沢宗助と、渋沢まさの間に生まれた3男と言う関係になります。
その渋沢元助(渋沢市郎右衛門元助)の姉・渋沢やへは、尾高保孝(尾高勝五郎保孝)の妻となっており、その娘・尾高千代が、渋沢栄一の妻となっています。

ただし、渋沢まさに関しては、調べても、ほとんど記録がなく、よくわかりませんでした。



他にも、渋沢栄一にまつわる、渋沢家の女性に関して解説させて頂いております。

渋沢ゑい(渋沢エイ)の解説【青天を衝け】
渋沢なか~渋沢栄一の姉を解説【青天を衝け】
渋沢てい~渋沢栄一の妹を解説【青天を衝け】
尾高千代 (渋沢千代) とは 渋沢栄一の最初の正妻
渋沢よし「新屋敷」渋沢喜作の妻の解説【青天を衝け】
渋沢市郎右衛門の解説 渋沢ゑい(渋沢エイ)も
渋沢宗助の解説 東の家の当主 渋沢まさ も
渋沢栄一の解説 日本の実業界・社会福祉・教育などに大きく貢献

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。