執権・北条義時の気になる妻4名の一覧リスト【鎌倉殿の13人】北条義時毒殺説も

伊豆・北條寺

鎌倉幕府の2代執権・執権・北条義時の妻をまとめて明記・解説してみたい。

阿波局

北条義時の最初の妻は阿波局とされますが、出自など詳細は不詳です。
鎌倉幕府の御所にて、阿波局は女官(女房)として働いていたと言います。
北条義時が21歳の頃(1183年)に、のち3代執権となる北条泰時を産んでいますので、最初の妻と考えられています。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」はドラマ(時代劇)ですので、脚本家の三谷幸喜さんが創作として素晴らしい想像力を発揮し、ドラマの中では源頼朝が愛した八重姫を、阿波局と重ね合わせたような演出となっています。
この八重は、俳優(女優)の新垣結衣さんが演じられました。


スポンサーリンク



史実において伊東祐親の娘・八重姫は、源頼朝と別れさせられたあと自害したともされます。
また、伊東家の家人・江間次郎の妻になったとも、三浦氏に嫁いだともありますが謎の女性です。

姫の前

姫の前は比企朝宗の娘で、母は越後局と考えられます。
父・比企朝宗は、比企掃部允比企尼の子と考えられますが、比企氏の当主は婿養子となった比企能員でした。
この時代、自分の実の子でも能力が無いと判断すると、他家や親戚から養子を迎えて次期当主にすることがありますので、比企能員はまさにその事例と言えます。

1192年9月25日、比企朝宗の娘・姫の前は北条義時の正室となっています。
「絶対に離婚しない」と言う起請文を差し出して結婚したほど、姫の前は美しかったとされます。
1193年には次男・北条朝時。(名越流)
1198年、三男・北条重時を生みました。

1203年、比企氏が北条一族によって滅ぼされれる「比企能員の変」の際に姫の前は難を逃れており、その前後に離婚して3人の子を残し上洛すると源具親に再嫁しました。
しかし、3年後に死去しています。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、比奈(ひな) と言う役名となっており、俳優(女優)の堀田真由さんが演じられました。

伊佐朝政の娘

伊佐朝政の娘は、1200年に4男・北条有時を産んでいます。
父・伊佐朝政(伊佐二郎朝政)は常陸・伊佐城の伊佐一族と見られますが、伊佐氏の嫡流ではないようで詳しくはわかりません。
北条有時の序列としては、異母弟・北条政村や北条実泰よりも下位で最後尾に記載されているため、伊佐朝政の娘は側室扱い(妾)だったと見てとれます。
側室扱いだったと言う事は、父の身分が低かったと言う事にもなります。


スポンサーリンク



2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に伊佐朝政の娘は登場しない模様です。

伊賀の方

伊賀朝光の娘・伊賀の方は比企能員の変のあと継室になったと考えられます。
父・伊賀朝光(いが ともみつ)の妻は、二階堂行政の娘であり、二階堂行政の孫娘と言う事にもなります。
1205年6月22日、北条政村(7代執権)を出産。
1208年、北条実泰を産んでいます。
他には、一条実雅の妻、唐橋通時の妻など子宝に恵まれました。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では「のえ」 と言う役名になっており、俳優(女優)の菊地凛子(きくち・りんこ)さんが演じられます。

伊賀の方の没年は不明ですが、北条氏の菩提寺「北條寺」に、北条義時の墓と並んで、伊賀の方(佐伯氏の娘)の墓もあります。

北条義時毒殺説

北条義時は、1224年6月12日に突然発病します。
そして、翌日に死去しました。62歳。

吾妻鏡によると、脚気と暑気あたりのためと記載されています。
訃報を受けて京にいた北条泰時や北条時房・足利義氏らが急ぎ鎌倉に戻ります。
後継者は誰もが嫡男・北条泰時だと思うなか、7月5日、伊賀光宗(伊賀の方の兄)と三浦義村の密談「伊賀氏の変」が漏れます。
伊賀の方が、実子・北条政村の執権就任と、娘婿・一条実雅の将軍職就任を画策したたと言います。
7月下旬には三浦義村に謀反の意思がないこと北条政子が確認し、伊賀の方と伊賀一族の処分が決定しました。
一条実雅の京都に返され、同行した伊賀朝行・伊賀光重の兄弟はそのまま九州へ流罪。
伊賀の方は伊豆の北条荘、伊賀光宗は信濃に配流となりました。


スポンサーリンク



このような経緯もあり、後妻・伊賀の方が北条義時を毒殺したと言う説があります。

1221年、承久の乱の際の首謀者のひとりである僧侶・尊長(そんちょう) の実兄が一条実雅で、その尊長が1227年に捕らえられた際のこと。
権中納言・藤原定家の日記「明月記」(国宝)によると、尋問を受けた尊長は「只早頸きれ、若不然ハ、又義時妻義時にくれけむ薬まれ、こひてくハせて、早ころせ」と述べたと言う。
わかりやすく翻訳すると「ただ早く首を斬れ。できないのであれば、義時の妻が義時に与えた薬を飲ませて早く殺せ」と言う発言であったので六波羅探題・北条時氏を驚かせたとあります。

また、北条政子が執権の継承で合戦になるを防ぐため、強引に伊賀の方を鎌倉から排除したと言う説もあります。

最誓寺(伊東氏の墓)の解説~八重姫が嫁いだとされる「謎の江間四郎」は北条義時なのか?検証してみた
【江間次郎】の解説「鎌倉殿の13人」八重姫の嫁ぎ先である江間小次郎(江間四郎)は原小次郎(京の小次郎・源信俊)なのか?
北条泰時 御成敗式目を定めた北条氏中興の祖
北条政子の解説【尼将軍と呼ばれた御台所】鎌倉殿の13人
2分でわかる「北条泰時」の解説~御成敗式目を制定した鎌倉幕府3代執権
姫の前(比企朝宗の娘)が2分でわかりやすい解説(鎌倉殿の13人)
伊賀の方の解説【伊賀氏の変】~執権・北条義時を支えた継室
北条政村の解説【鎌倉・常盤亭】北条氏常盤亭跡
伊豆・北条寺(北條寺)の解説~北条義時夫妻の墓がある江間の寺院
鎌倉殿の13人 キャスト・出演者一覧リスト【NHK2022年大河ドラマ】

フィードバックする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。