織田信康とは 尾張の戦国大名である織田信秀の弟

織田信康

織田信康(おだ-のぶやす)は、戦国時代勝幡城主・織田信定の子として生まれましたが生年と生母は不詳です。
兄に織田信秀(織田信長の父)、弟に尾張・守山城主・織田信光、妹におつやの方などがいます。

織田信秀を筆頭に兄弟は武勇に優れた武将が多く、小豆坂の戦いなど、兄を強力に手助けています。

1533年、兄・織田信秀が主家である織田大和守家(清洲織田氏)の織田達勝と争います。
この時、和睦となると、兄・織田信秀の代理を務めて清洲城にて交渉に当たり、織田信友を後継者に据えています。



1537年、織田信康(織田与次郎信康)は居城の木ノ下城を大改修して、犬山城としました。
その頃、尾張・岩倉城を継いだ、若い織田信安の後見役にもなっています。

1544年、美濃の土岐頼芸を助けるべく兄・織田信秀は、越前の朝倉孝景と共に、斎藤道三稲葉山城を攻めますが、大敗を喫し、織田信康は加納口の戦いにて討死しました。
その後、子の織田信清が家督を継いでいますが、1564年に織田信長から攻められて、武田信玄を頼り逃れています。

織田信光 織田信長の家督継承に協力するも?
犬山城 日本最古の天守閣は【国宝】
松平広忠とは 家臣の裏切りに翻弄された徳川家康の父
織田信秀とは 織田信長の父親~配下の清洲三奉行から戦国大名となり、信長に託す!
織田信秀 名将が乗り越えられなかったもの
今川義元~祝・生誕500年~足利一門の名門・海道一の弓取りと称された東海の覇者!
那古野城 名古屋城の二之丸に石碑あり
清洲城 織田信長の居城ここにあり・清須城

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。