中野康実 名門の高水寺斯波氏を滅亡に追い込む

中野康実

中野康実(なかのやすざね)は戦国時代の武将です。
父は九戸信仲で、九戸城主になった九戸政実は実の兄となりますが、南部晴政の重臣と言う事になります。
母は、八戸信長の娘とされ、中野康実の名前は、はじめ、九戸弥五郎と呼びました。
南部晴政が、主筋にあたる高水寺城主・斯波詮真を攻略した際に、斯波詮真の娘と結婚して婿養子に入ったのが、九戸弥五郎でした。
九戸弥五郎は、斯波詮真より高田村(紫波郡矢巾町高田)の領地を与えら、高田吉兵衛康実(中高田吉兵衛)と名を改めています。
婿養子とは入りましたが、このように、後継とは定められていなかったようです。



高水寺の斯波家の代が、斯波詮直に変わると、まぁ、当然のように確執が生まれて、高田康実は、1586年に南部信直のもとに出奔しました。
そして、盛岡城の東にあたる岩手郡中野(不来方の荘)を領地として与えられたことから、中野修理亮直康または中野康実と改名しています。
不来方城(盛岡城)の福士宮内秀宗(福士伊勢守)と共に、高水寺斯波家の家臣への諜略を命じられた模様です。

その調略の結果、1588年には、岩清水義教や簗田詮泰らの内通を取付けたため、斯波勢は岩清水城(盛岡城)を攻撃しました。
好機とみた南部信直は自ら出陣すると、中野康実が先鋒を務めます。

斯波詮直は高水寺城にて籠城しますが、従った家臣は岩清水義長、家老・細川長門守、稲藤大炊助など少数だけでした。
岩清水義長を始め、工藤茂道・永井延明らが討死し、高水寺斯波氏は降伏し滅亡に至っています。

そして、功績を認められた中野康実は、高水寺城主となって、陸奥・郡山城と改名し、片寄城主も兼務して、合計3500石に出世したとされます。

1591年、実兄が九戸政実の乱を起こすと、実家ではなく主君・南部信直に味方し、豊臣勢の九戸城攻めの際には、北信愛の道案内をしました。
その後、まもなく、中野康実は死去したようです。



死因に関しては諸説あり、九戸城が落城して浪人した従弟・九戸連伊と話をしている際に、口論となって殺害されたともされます。
別の節では、南部利直と不和になって毒殺されたとも言われています。
ただし、中野康実の子孫は、陸奥・花輪城に入っており、南部家中では八戸氏、北氏と共に代々家老を務める御三家として続きました。

高田家は高田康仲が継いでおり、中野家は中野正康(中野直正)が継承しています。

盛岡城 哀愁漂う東北の日本100名城 訪問攻略法
高水寺城(陸奥・郡山城) 斯波詮直と忠節を貫いた岩清水義長

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。