明智光安 明智光秀の父の弟で明智家の当主を代行? 明智牧(お牧の方)も

明智光安 明智光秀の父の弟で明智家の当主を代行? 明智牧(お牧の方)も

明智光安(あけち-みつやす)は、戦国時代の1500年に、美濃・長山城主とされる明智光継の3男として生まれました。

明智氏は、東美濃を納めていたと考えられますが、斎藤道三が土岐氏の中で台頭してくると、父・明智光継は、また幼い小見の方を斎藤家に人質として出しています。
小見の方は、のち斎藤道三の正室となり、濃姫(帰蝶)を生んでいます。

明智光安には、兄・明智光綱(あけち-みつつな)がいますが、この明智光綱こそ、のち織田家で活躍する明智光秀の父ともされます。
1535年に、その兄・明智光綱が討死したとも病死したともされますが、いずれにせよ、明智家の家督は明智光安が継いで美濃・明智城に入りました。
この時、明智光秀がまだ幼かったため、明智光安が叔父として、明智光秀を後見したともされます。
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、明智光綱の子が明智光秀の父である説を採用しています。
ドラマの中で、明智光秀の母は、明智牧(まき)となっていますが、この女性の名前は、お牧の方だとする説から来ていると推測されます。

しかし、明智光秀が成人しても、明智家の家督は引き続き明智光安が握っていますが、これは、明智光秀が家督相続を遠慮したとも言われています。
明智光安は、1547年に、室町幕府の将軍・足利義晴に謁見しており、従五位下兵庫頭を授かりました。
1553年に出家すると宗寂と号しています。

斎藤道三が、やがて子の斎藤義龍と対立してくると、明智光安は引き続き、斎藤道三に味方したため、1556年、稲葉良通らの攻撃を受けました。
このとき、弟・明智光久や三宅氏・藤田氏、妻木城主の妻木氏らと共に明智城に籠城しましたが、揖斐光就・長井道利らの攻撃を受けて、もはやこれまでと自刃して果てました。
このとき、明智光安の子とされる明智秀満に宗家嫡男である明智光秀を託して城から脱出させたともされます。

なお、明智光安を、美濃・明知城主の遠山景行と同一だとする説もあります。
とにかく、戦国初期の明智家に関しては、よくわかっていないことが多いです。

2005年の新春ワイド時代劇「国盗り物語」では、明智光安を、俳優の三上市朗が演じられました。
2020年大河ドラマ「麒麟がくる」では、西村雅彦さんが役を担当されます。

明智光秀とは?数奇なその生涯
斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
美濃・明知城と千畳敷砦にある光秀産湯の井戸~明智光秀誕生の地なのか?
土岐頼芸 美濃を乗っ取られるも鷹の絵がうまい武将

フィードバックする
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。