富士「曽我寺」の解説~曽我兄弟の墓をお参り

富士「曽我寺」

富士「曽我寺」

富士の曽我寺(そがでら)は、静岡県富士市久沢にある寺院です。

富士「曽我寺」

正式名称は、正式には鷹岳山「福泉寺」なのですが、通称・曽我寺として知られています。
なんでも、近くの鷹ヶ岡(富士市鷹岡)で曽我五郎が斬られたあと、川が増水して、曽我十郎の亡骸も流れてきたので、曽我五郎の墓のそばに葬られたと伝わるようです。
境内には、曽我兄弟の銅像も建てられていました。

曽我兄弟の銅像

他にも、福泉寺の境内には曽我兄弟の墓があり、江戸時代から東海道を往来する人々は、わざわざ寄り道して、参詣したといわれています。
かつては凡夫川右岸にあったものが洪水で流されたため、現在の場所に移ったと伝わります。


スポンサーリンク

下記は、曽我兄弟の墓となります。
墓所は、とてもきれいに整備されていました。

曽我兄弟の墓

ただ、お参りさせて頂きまして、ちょっと、ビックリです。
真ん中に、新しい五輪塔が配置されているのですが、なんと、昔からある古い五輪塔が、脇に追いやられてしまっている印象です。

昔からある古い五輪塔が、脇にあり、

色々と、武将など墓も、数多くお参りさせて頂いておりますが、古い墓よりも、新しい墓石が目立つような配置、しかも、中央が新しくものになってしまっているのは、はじめて拝見いたしました。
礼節を欠いているわうに感じてしまうのは私だけでしょうか?
戦国時代・江戸時代と、長年、曾我兄弟の供養をし、守ってきたご先祖様に、怒られてしまうのでは?と感じました。


スポンサーリンク

虎御前化粧坂の少将の辞世の歌を刻んだ石碑や、曽我兄弟の墓の向かい側には、曽我五郎之末孫・伊東家の墓もありました。

伊東家の墓

曽我兄弟が仇討ちを果たした5月28日に合わせて、最近まで、曽我兄弟の供養祭が毎年盛大に行なわれていたようです。

交通アクセス

JR身延線の入山瀬駅から、約600m、徒歩10分ほどの距離です。
富士・曽我寺の入口に、4台ほどの駐車スペースと、公衆トイレがありました。
ただ、駐車スペースは、お寺訪問と、関係ない地元との方も、クルマを止めているようで、1台分しか、空いていませんでした。


スポンサーリンク

駐車場の場所などは、当方のオリジナル関東地図にてポイントしております。
スマホで表示して、目的地として選択し「ナビ開始」にすれば、カーナビ代わりにもなります。
自動車用、歩行用でも、ナビとしてお使い頂けます。

なお、曽我兄弟の墓に関しては、曾我氏の本拠地である相模・曽我城(曽我氏館)周辺にもあります。

曽我兄弟の仇討ちの解説【分かりやすい経緯と写真も】工藤祐経と伊東祐親の遺恨
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
わかりやすく【工藤祐経】解説~工藤氏の内紛から曾我兄弟の仇討ちへ~オリジナル家系図あり
仁田忠常の解説【鎌倉殿の13人】北条氏に味方するも
相模・曽我城 (曽我氏館)の歴史解説~曽我兄弟が育った曽我荘・謎の曽我信正
虎御前(虎女)の解説~曾我十郎(曾我祐成)の妾となり生涯菩提を弔う
城前寺の解説~曽我兄弟の墓・曽我祐信の墓・満江御前の墓(曽我荘)
曽我兄弟【富士の巻狩り】10箇所の史跡解説と場所・駐車場などもご確認頂けます
白糸の滝~世界文化遺産でもあり日本の滝百選にも選ばれている国の名勝
曾我祐信(曽我祐信)の解説~曽我兄弟の養父・小田原にある曾我祐信の墓
満江御前屋敷(曽我氏下屋敷)の解説~曽我兄弟の母が暮した地
伊東祐時の解説~曽我兄弟に殺害された工藤祐経の嫡男 (鎌倉殿の13人)
史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図

フィードバックする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。