和田塚が1分でわかる解説【和田合戦】鎌倉の市街地であった戦い

和田塚

鎌倉和田塚とは

和田塚(わだつか)は、神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目にある、古墳跡、墓所の史跡となります。
もともと、鎌倉で唯一の高塚式古墳があったようですが、その盛り土されたところに、和田合戦で命を落とした武者が、埋葬されたようです。

和田塚

1189年(明治22年)、道路拡張工事にて、采女塚と呼ばれた部分が壊されました。
そのあと明治25年、無常堂塚の一部を掘ったところ、たくさんの人骨が出ました。
中には、刀を握ったままの手の骨もあったと言います。
そのため、鎌倉時代の和田合戦で、戦死者を葬った場所の可能性が高くなり「和田塚」と呼ばれるようになりました。
和田一族戦没地の石碑もあります。



この和田合戦は、1213年に鎌倉で発生した、御家人同士の権力争いです。
三浦一族の和田義盛は、侍所・別当(軍事統率の最高責任者)でしたが、鎌倉幕府の2代執権として更に権力を握りたい北条義時に狙われました。
1213年2月、泉親衡(いずみ ちかひら)は、源頼家の遺児・千寿丸を鎌倉殿に擁立し、執権・北条義時を打倒しようと考えましたが、事前に発覚しました。(泉親衡の乱)
この企てに加担したとして、和田義盛の甥・和田 胤長(わだ たねなが)が、ひとりだけ処罰され、陸奥国岩瀬郡に配流となります。
没収された鎌倉の屋敷は、一族に預けられるのが通例でしたが、その屋敷は、北条氏の被官・金窪行親に与えられています。
そのため、侍所・別当として、面目を失った和田義盛も北条義時打倒の計画を練り、三浦一族だけでなく、横山党・波多野氏など、親戚の同意も得て、鎌倉で挙兵しました。



和田義盛の父は、三浦氏の嫡流でしたが、父の弟の系統が三浦氏の当主になっていました。
そのため、三浦一族じたい、一枚岩ではなく、和田勢が大倉御所を攻撃開始すると、和田氏と行動を共にしていた三浦義村が、土壇場で寝返ります。
また、北条側の大江広元は、将軍・源実朝を、北条氏側につけることに成功し、様子を見ていた、御家人らも、次々に北条義時の味方となりました。
そのため、和田勢は由比ガ浜まで退却して和田義盛も自刃。
和田一族に味方した横山党なども、壊滅したと言う事になります。
和田勢だけでも約230名の名のある武将が、命を落としています。

だいぶ、省略してご説明申し上げましたが、詳しくは、別の「和田合戦」にてご紹介申し上げております。

和田合戦~経緯と戦闘詳細【和田義盛の乱】

和田塚がある区画には、和田一族の墓以外に「戦没者慰霊塔」「大震災殉死者供養碑」「南無妙法漣蓮華経」とある大小の石碑もあります。
そのため、周辺で、行き場を失った五輪塔・仏像・馬頭観音なども、一緒になっているようですが、由比ガ浜青年会さんが日頃より手入れをなさっているようです。
ただ、正直に申し上げれば、和田義盛の無念を思うと、気軽な気持ちでは、踏み入ることができないと感じる場所だと感じました。



和田塚がある場所ですが、江ノ電の和田塚駅から、徒歩1分ほど。
駐車場はありません。
近くにコインパーキングもないので、遠いところの有料Pにクルマを止めて、少し歩いて向かいました。

鎌倉では津波に注意

なお、鎌倉の中心部や海岸部では、津波に注意が必要です。
1498年の明応津波では、鎌倉の大仏殿も、流されたする説もあります。
和田塚の辺りは、鎌倉では少し標高が高く、標高9mくらいあります。
和田塚駅の標高は、更に高い10mですので、由比ガ浜あたりで、強い地震を感じたら、和田塚駅方面へ、すぐに逃げると良さそうです。
過去の大地震の鎌倉では、早いと、地震発生から8分で、第1波が到達しています。
10m以上の大津波が予測される場合には、御成中学校(標高30m)を目指してください。
津波は何回も押し寄せ、あとのほうが大きい場合がありますので、津波警報が解除されるまで、高台からは降りないようにしましょう。
<参考> 鎌倉駅は標高6m、元鶴岡八幡宮約4m、

5分でわかる「和田義盛」の要点解説
和田合戦~経緯と戦闘詳細【和田義盛の乱】
三浦義澄と三浦義村とは~三浦半島にある三浦義村の墓
5分でよくわかる【北条義時】の解説~鎌倉幕府・第2代執権の生涯「小栗旬さん主演鎌倉殿の13人」
横山党 武蔵七党の最大勢力
泉親衡(いずみちかひら)の解説【泉親衡の乱】わかりやすい経緯も詳しく
鎌倉など関東の史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。