真鶴「しとどの窟」源頼朝船出の浜(岩海岸)~石橋山の戦いのあと安房に出航

真鶴「しとどの窟」

真鶴・しとどの窟(しとどのいわや)は、 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴にある、真鶴港近くの崖にある洞窟です。
なお「しとどの窟」と言う洞穴が2箇所ありまして、もう1箇所は、湯河原の山の中にある場所となります。
いずれも、1180年、石橋山の戦いにて敗れた、源頼朝らが、一時、退避した洞窟とされます。



この記事では、真鶴港ににある、真鶴(まなづる)のしとどの窟をご紹介申し上げます。

真鶴・しとどの窟とは

一般的に、石橋山の戦いにて大庭景親らに敗れた源頼朝らは、土肥実平の案内にて土肥郷椙山に逃げ込み、湯河原の岩屋「しとどの窟」にて休息したようです。
また、土肥実平の妻・土肥の女房が、「しとどの窟」に食糧を運んだともされます。
追っ手の梶原景時飯田家義は「しとどの窟」に、源頼朝らが隠れていると察しましたが、「この山には人はいない」と、大庭景親に報告したともされます。

土肥椙山巌窟(しとどの窟)

その後、箱根権現(箱根神社)の永実が、北条時政と共に弁当を届けてくれたので、その永実の案内で、一旦、芦ノ湖の湖畔にある、箱根権現(箱根神社)へ逃れた模様です。
箱根権現の別当・行実は、源頼朝を匿おうとしましたが、智藏房良暹が裏切り、襲撃する可能性が出たため、逃げた方が良いと言う事になります。
そして、土肥実平らと真鶴に降りて、岩海岸(岩海水浴場)にある「しとどの窟」にて一夜を明かし、船で東京湾を横断して、安房国(房総半島)へ脱出したと伝わります。



と言う事で、真鶴漁港にある「しとどの窟」は、下記になります。
真鶴駅から、真鶴半島の先端に行く、道沿いにあると言う感じです。

真鶴「しとどの窟」

今は、鉄の頑丈な柵で、閉じられているため、内部には入れません。
かつては約130mほど、長い洞穴だったそうですが、落盤などもあり、今では1mほどしかないとされています。

真鶴・しとどの窟

真鶴・しとどの窟の前は、ちょっとした公園として整備されています。

真鶴・しとどの窟

真鶴漁港の「しとどの窟」に源頼朝らが逃れていたとしたら、1晩宿泊したのか?
天候や波・風の状況を見て、数日、逗留したとも考えられます。

ただし、湯河原の山の中にある「しとどの窟」ならまだしも、民家や、土肥氏(真鶴・荒井城の荒井氏)の屋敷や、漁民らの民家もあったでしょう。
籠城にせよ、隠れる際には、逃げ道も確保するのが、常でして、洞穴に入っていますと、襲撃された際に、逃げられません。
しかも、出航した地は、真鶴港ではなく、岩漁港と、約1.6km、離れています。
船を出すくらいでしたら、真鶴でも、問題ないはずです。

真鶴港

そのため、真鶴にて、わざわざ、洞穴にて隠れる必要性があったのかな?と、ちょっと、疑問に感じます。
余計なお世話ですね。
申し訳ありません。

源頼朝船出の浜

船は、土肥実平の命にて、土肥の住人・貞恒が用意したとれさます。
下記は、源頼朝船出の浜の石碑です。

源頼朝船出の浜

この船出に従ったのは、安達盛長岡崎義実新開忠氏土屋宗遠、土肥実平、田代信綱とされます。
ただし、岡崎義実は、北条時政・北条義時・近藤国平らと先行して前日に出航した可能性があるようです。

源頼朝船出の浜

出航した翌日には、平北郡の猟島(鋸南町竜島付近)に上陸し、先に到着していた北条時政らが出迎えたとあります。
上陸地点は諸説あり、館山にも源頼朝公上陸地があります。



衣笠城の戦いにて、三浦義明が討死しますが、三浦義澄和田義盛など、三浦一族も、安房へ船で逃れて、源頼朝と合流しました。
安房・神明神社にしばらく滞在する間、源頼朝は上総広常に手紙を書いたともされます。

感覚的には、源頼朝らは、館山に上陸し、三浦一族が鋸南町に上陸したのではと感じます。
源頼朝は、館山にある安房国一の宮・洲崎神社を参詣したとも、仁右衛門島に隠れていたともされます。

交通アクセス

真鶴・しとどの窟(真鶴港)への行き方ですが、JR東海道本線の真鶴駅から、約1.3km、徒歩20分くらいの距離です。
行きは下り坂となり、帰りは登り坂、高低差40mほどになります。

源頼朝船出の浜は、岩海水浴場(岩海岸)にあります。
真鶴駅から、約1.2km、徒歩18分くらいの距離です。
岩海岸から、真鶴・しとどの窟がある真鶴港までは、徒歩25分くらいになります。

真鶴駅前にあるでは、観光案内所にて、レンタサイクル(貸自転車)をやっています。
電動アシスト自転車なら帰り道もスイスイですし、先端にある真鶴岬だけでなく、源頼朝船出の浜、真鶴・荒井城など、周辺散策にも便利かと存じますが、最新の貸出時間をご確認願います。
夏休み期間中は、海水浴シーズンと言う事もあり、周辺道路は、渋滞など発生しやすいです。



クルマの場合、駐車場はありませんが、真鶴漁港の駐車場を利用できるようでして、駐車場の脇には、海鮮丼などの食堂や、真鶴魚市場(直売所)、トイレもあります。
当方のオリジナル地図では、駐車場の場所をポイントしています。
もちろん、地元の皆様に、迷惑を掛けないよう、ご訪問賜りますと幸いです。

湯河原「しとどの窟」(しとどのいわや)の詳細解説~見学所要時間や遊歩道ルート状況
石橋山古戦場(石橋山の戦い)【源頼朝挙兵】参加武将など合戦経緯と訪問方法(駐車場)
土肥実平 土肥遠平(小早川遠平) 湯河原・城願寺の土肥一族の墓
土肥氏館(土肥館・土肥実平館)をわかりやすく1分で解説
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
真鶴半島の三ツ石海岸で満喫する海の大自然と琴ヶ浜海岸の磯遊び情報
石橋山の戦い(石橋山古戦場)「詳しい場所」駐車場・交通アクセス解説
関東の史跡巡りに便利なオリジナル地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。