時国家(本家・上時国家)能登に流刑となった平時忠の子孫

上時国家

時国家(ときくに-け)は、石川県輪島市町野町の旧家の屋敷です。
上時国家(本家)は、 建物が国の重要文化財、庭園は国の名勝に指定されており、有料公開されています。

時国家の租は、平安時代末期の公家である平時忠(平大納言時忠)と伝わります。
平時忠(たいら-の-ときただ)は「平家にあらずんば人にあらず」と述べたことで、よく知らせれる武将です。



1181年、平清盛が死去すると、平家の棟梁には平宗盛が就任します。
しかし、後白河法皇の院政が強まり平氏は追いやられて行きます。
1183年1月に、平時忠は正二位・権大納言となっています。
ただし、5月、平氏の北陸追討軍は、倶利伽羅峠の戦いにて木曾義仲に大敗し、以後、軍事力が低下しました。
平氏は、京の都から落ちて、元暦2年(1185年)、壇ノ浦の戦いにて、平氏は滅亡します。
この時、平時忠は壇ノ浦で捕虜となって、源義経に引き渡されました。
そして、建礼門院に別れの挨拶をして、能登に流刑になったと言う事です。
珠洲市大谷に、仮の小屋を建てて住んだと言いますが、当時の能登守は松殿基房で、その寵臣・藤原顕家より、丁寧に遇されたとあります。
また、源義経が奥州へ逃れる際に、諸説ありますが、能登を経由したと言う説もあり、義経の舟隠し岩などが見受けられ、その場合、平時忠を頼った可能性もあります。
平時忠は、1189年に能登で死去しました。
ゴジラ岩から南に入ったところに、平時忠の墓があります。



母は不詳(能登の女性?)ですが、平時国と言う子がいて、その平時国の末裔が、能登で豪農となり(上時国家・下時国家)と分かれたと言う事になります。

上時国家(本家)と、下時国家(分家)に分かれたのは、江戸初期の寛永(1624年~1644年)とされます。
能登・石崎藩の領主であった土方氏と、加賀100万石の前田氏による、能登の支配強化が背景にあったようで、分家が起こったと推測されているようですが、下時国家が加賀藩に味方した形となります。
恐らく、分家したのは、苦肉の策だったのでしょう。

上時国家

上時国家の屋敷は、江戸後期の建物と推定され,入母屋(いりもや)造で、茅葺(かやぶき)の屋根になっており、鎌倉時代の様式を伝えます。

上時国家

なお、上時国家は、300石の豪農として天領大庄屋を務めており、屋敷の建築には28年かかったと言う伝承もあります。
300石ともなると、ほんと、かなり立派で、大きな建物です。

上時国家

上時国家の鎌倉風の池泉回遊式庭園は、前述したとおり、国の名勝に指定されています。

上時国家の庭園

近くには「下時国家」の屋敷もあります。
ただ、訪問時には修復中で閉まっていて、内部の見学は、かないませんでした。

下時国家

上時国家、下時国家への交通アクセス・行き方ですが、バスの場合、輪島駅ふらっと訪夢から、北鉄バスの宇出津行きに乗車して、下時国バス停にて下車となります。
能登空港からは、レンタカーで約40分、無料駐車場完備です。
上時国家と下時国家は、隣接していませんが、車で1分の距離です。

垂水の滝 日本海にダイレクトに注がれる名瀑と窓岩?
能登「ゴジラ岩」
能登の観光にも便利なオリジナル地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。