日本左衛門の解説~盗賊としては日本初の指名手配になった頭領「宅円庵の日本左衛門首塚」

日本左衛門首塚

日本左衛門とは

日本左衛門(にっぽん-ざえもん)は、江戸時代中期に諸国を荒らした強盗団の一味である浪人の異名です。
この日本左衛門の実名(本名)は、濱島庄兵衛と言い、尾張藩の七里役の子として、1719年に生まれました。

日本左衛門

七里役(しちりやく)と言うのは、七里(約28km)ごとに「七里役所」という中継所を置いた、公用急飛脚の意味となります。
東海道の重要交通路を管轄した、尾張藩などは、このような下級武士・七里役を、七里飛脚として、宿場に2名、常時配置しており、藩の御状箱など、緊急伝達が発生すると、運ばせました。



藩の文書を運ぶという重要な役割を担っていたため、3人まで切り捨て御免が許されていることもあり、滞在していた宿場では、わがまま放題で、村人を困らせていたようです。
仕事も、毎日ある訳ではありませんので、七里役の武士の中には、無宿者などを集めて「賭博場」を仕切る藩士も多かったとされます。
子供の頃から、そんな七里小屋に出入りしていた、日本左衛門(濱島庄兵衛)も、自然と悪だくみを覚え、今で言う「不良」になったようで、20歳のとき、父から勘当されました。
こうして、日本左衛門(濱島庄兵衛)は無宿者になると、23歳頃から、遠州・見附宿(静岡県磐田市見付)に根付いて、盗賊をはじめます。
最大時には、200名の子分を従える盗賊団の頭目となり、裕福な商人ゆ大地主から合計で約2600両を盗むと言う、横暴を極めました。
見附宿は、天竜川の渡河もある重要な交通路で、江戸幕府の天領であったため、幕府も日本左衛門(濱島庄兵衛)の取り締まりに動き出します。

1746年9月、被害にあった駿河の庄屋が、江戸北町奉行・能勢頼一に訴訟しました。
そして、老中・堀田正亮の命により、火付盗賊改めの役人・徳山五兵衛が、一味の追捕を命じられて、10月には、日本左衛門(濱島庄兵衛)の人相書きを準備し、日本全国に指名手配しました。

指名手配(手配書)の内容

指名手配の内容は下記のとおりです。

背は175㎝くらい、150㎝くらいの小袖を着て、歳は29歳 見かけは31歳、32歳に見える。
月代が濃く、5㎝くらいの引き傷があり、色白で歯並びは普通、鼻筋が通り、目は切れ長で細く、顔は面長。 自分からは手を下さず、黒皮の兜頭巾に薄金の面頬、黒羅紗、金筋入りの半纏(はんてん)に黒縮緬の小袖を着、黒繻子(しゅす)の小手、脛(すね)当てをつけ、銀造りの太刀を佩き、手には神棒という6尺余りの棒を持ち、腰に早縄をさげた出立ち。

本来、手配書は、親殺し・主殺しの重罪に限られて使われましたが、盗賊としては日本初の手配書となりました。



この捜索により、盗賊団の幹部が数名が捕縛されましたが、日本左衛門は伊勢で、手配書が出回っていると知ったあとも、逃亡を続けたと言います。
最終的に、日本左衛門は厳島神社がある安芸・宮島にて、逃げ切れないと観念します。
そして、1747年1月7日、京都町奉行・永井尚方(大坂町奉行・牧野信貞とも?)に自首すると、江戸に送還されました。
そして、北町奉行・能勢頼一の審議を受け、小伝馬町の牢に繋がれています。
判決(お裁き)は「市中引き回しの上、獄門」となり、3月11日(3月14日とも)に、徒党の中村左膳ら6名と共に処刑され、日本左衛門の首は遠江・見附に晒されました。享年29。

遠州見附(金谷)の見性寺に、墓がありますが、晒された首を日本左衛門の愛人・お万(おまん)が盗み出し、遠州金谷宿の宅円庵に埋葬したとされ、宅円庵に首塚がある次第です。

日本左衛門首塚

江戸時代後期、石川五右衛門、鼠小僧と並ぶ日本屈指の盗賊の活躍を描いた歌舞伎「白浪五人男」では、その盗賊のひとりである日本駄右衛門(にっぽん-だえもん)の役名モデルが、日本左衛門と言う事になります。

なお、領内を散々荒らされながら、捕まえることができなかった、遠江・掛川藩主の小笠原長恭は、1746年9月25日、陸奥・棚倉藩の棚倉城へと、懲罰的な転封となっています。
相楽藩の本多忠如も、同じ1746年9月25日に、陸奥・泉藩へ転封となりました。

交通アクセス

日本左衛門首塚がある金谷・宅円庵への行き方ですが、大井川鐵道・新金谷駅より約500m、徒歩約6分の距離です。
3台ほどの参拝用駐車場が道路わきにありますので、利用可能です。

諏訪原城(諏訪之原城、牧野城)【続日本100名城】武田家築城・今川氏真城番・徳川家
遠江・小山城 武田と徳川がしのぎを削った小山城の戦い
1分でわかる【七夕】とは?~なんで「たなばた」を行うのか理由や由来など
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。