京極高知とは

京極高知とは

京極高知(きょうごく-たかとも)は、近江守護の名門である京極高吉の次男として、1572年に小谷城下で生まれました。
母は、浅井久政の娘・京極マリアで、兄に京極高次がいます。
しかし、京極氏は、父の代に被官だった浅井氏によって追放されており、没落していました。
その後、父が足利義昭の擁立に尽力したことから、織田信長と親交を得ましたが、足利義昭が追放されると、まだ幼かった兄・京極高次を織田家に人質として出して臣従しています。
明智光秀本能寺の変により、織田信長が横死したあとは、妹・京極竜子豊臣秀吉の側室になっており、京極高知は1591年に、近江・蒲生郡内に5000石を与えられています。
その後、6万石で信濃・飯田城主となり、キリスト教を保護していますが、1594年には加増されて10万石となりました。
1600年、関ケ原の戦いでは、徳川家康に味方して、岐阜城攻めに参じたほか、本戦では大谷吉継と戦っています。
その後、丹後国12万3000石を与えられ、田辺城に入りましたが、のち宮津城に築城して本拠としました。
ちなみに、兄・京極高次は、大津城の戦いにて、大津城で籠城したことから、西軍の毛利元康・立花宗茂らを釘付けにし、東軍の関ヶ原勝利に貢献したため、隣の若狭にて8万5000石となり、若狭・小浜城を築いています。
その後、京極高知は、大阪の陣でも軍功をあげましたが、1622年に没しました。
京極高知の正室は、津田信澄の娘、のち添えとなる継室は毛利秀頼の娘となります。

京極高知の娘・京極常子は八条宮智仁親王の正室になっており、その系統からは柳原愛子となって、のちの大正天皇、昭和天皇、今上天皇(明仁)へと繋がっています。

京極高知を演じた俳優さんは下記の通りになります。

※敬称略・順不同

大橋吾郎「葵・徳川三代」(2000年、NHK大河ドラマ)

※他にもありましたら、コメント欄よりのお寄せ願えますと幸いです。

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。