平沢官衙遺跡とは 奈良時代の地方中心地の例

平沢官衙遺跡

平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき)は、茨城県つくば市平沢にある奈良時代・平安時代の常陸国筑波郡郡衙跡で、国の史跡に指定されています。
郡衙(ぐんが)と言うのは下記のとおりになります。
日本の場合、645年に大化の改新(たいかのかいしん)で、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と、中臣鎌足(なかとみのかまたり)が中心になって、蘇我氏を打倒します。
そして、唐の律令制を手本にして、公地公民制による中央集権国家建設を進めます。
更に、660年、白村江の戦いで、日本・百済遺民の連合軍が、唐・新羅の連合軍に大敗します。
そのため、唐・新羅による日本侵攻が予想される事態になり、大宰府など防衛体制を整えました。



そのような危機的な状況の中、国制改革が進み、地方の統治も強化して行きます。
そして、701年、日本で最初の本格的な律令法典である「大宝律令」(たいほうりつりょう)が制定され、国の名前も倭国から日本へと変更し、平城京も作られました。

これら古代の律令制(りつりょうせい)のなかで、地方の統制を図り、税を確実に徴収する行政機関となったのが、各地に設置されたのが郡衙です。・
その郡衙、国府、駅など、地方における施設を「官衙施設」と呼びます。

地方には行政官として中央から郡司が派遣され、政務にあたったのが正殿・脇殿などの郡衙政庁となります。
そして、田租・正税出挙稲を保管するのが高床式倉庫の正倉(しょうそう)で、宿泊や饗応用の建物が館、食事など調理場・食堂となったのが厨(くりや)と言う事です。



宿泊施設が必要と言うのは、役場にはみんな遠くから訪れる訳ですので、寝泊まりする施設も必要だったと言う事になります。

筑波の平沢官衙遺跡からは、昭和50年(1975年)の発掘調査で、掘立柱建物跡55棟分も確認されました。
規模からも一般集落とは考えにくく、大溝に囲まれて総柱式建物跡(高床式倉庫)が規則正しく並んでいることや、周辺の遺跡分布から、奈良時代・平安時代の郡衙である可能性が高いことから、古代律令制下の筑波郡役所(郡衙)跡の一部であると評価され、国史跡の指定を受けることになりました。

もともと、県営住宅団地の造成を行う予定でしたが、歴史公園として整備し、校倉・土倉・板倉の3棟を実物大にて復元すると、2003年(平成15年)から一般公開されています。
入園は無料です。

平沢官衙遺跡

このように、平沢官衙遺跡を現代で例えるのであれば、市役所以上、県庁以下と申しましょうか?
郡役所と言うのは今は無いので、現代風に言えば、市役所の周りに、市の倉庫・税務署・市長公邸などが集まっている市の中心地と言えます。



平沢官衙遺跡への交通アクセス・行き方ですが、電車の場合、つくばエクスプレス(TX)の終点・つくば駅から、つくバス小田シャトルで所要約45分、「大池・平沢官衙入口」バス停下車して徒歩約5分となります。
クルマの場合、無料駐車場がいくつか用意されています。

芝生エリアも広いので、ピクニックとして利用するのも良いです。

多気山城(多気城)と多気義幹~筑波の北条にある山城
常陸・北条城(北条館)と北条出雲守治高
筑波山神社 便利な駐車場や参拝みどころ
筑波・神郡の名刹「普門寺」
筑波・小田城と小田氏治の頑張り~8回も奪還を試みた小田城は防御は弱かった?
筑波山とは【関東一名所】見どころ
筑波山観光にも便利な関東オリジナル地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。