二俣川の戦い史跡解説~横浜市にある「畠山重忠の乱」関連史跡の周り方

二俣川の戦い

二俣川の戦い史跡解説

鎌倉時代の初期、1205年6月22日、畠山重忠の乱(はたけやましげただのらん)にて「二俣川の戦い」となりました。
武蔵国二俣川(神奈川県横浜市旭区保土ケ谷区)が現場と言う事になりますが、現代においては、鶴ヶ峰駅付近となります。


スポンサーリンク

畠山重忠は、鎌倉で騒ぎが起こったと知り、6月19日、本拠地の菅谷館を出発しました。
従ったのは、2男・畠山重秀、本田近常(本田次郎近常)、乳母父の榛沢成清(榛沢六郎成清)など、130騎程度です。
だいたい1騎につき、3~4人の歩兵が付きますので、兵力としては、500名くらいでしょうか?
甲冑を着て出陣したと考えられますので、一戦交える可能性は、認識していたものと考えられます。

6月22日早朝になって、鎌倉は大きな騒ぎとなり、鎌倉にいた畠山重忠の嫡男・畠山重保と郎従3人は、由比ヶ浜にて、三浦義村が佐久間太郎らによって殺害されました。

畠山重保供養塔は鎌倉にあります。

命じたのは、北条時政です。
畠山重忠が、大軍を率いて、鎌倉に向かっているとして、途中で誅殺するため、鎌倉から討って出ました。
鎌倉幕府勢としての総大将を命じられたのは北条義時です。
従った御家人は、葛西清重、堺常秀、大須賀胤信、国分胤通、相馬義胤、東重胤、足利義氏、小山朝政、三浦義村、三浦胤義、長沼宗政、結城朝光、宇都宮頼綱、八田知重、安達景盛、中条家長、苅田義季、狩野介入道、宇佐見祐茂、波多野忠綱、松田有経、土屋宗光、河越重時、河越重員、江戸忠重、渋河武者所、小野寺秀通、下河辺行平、薗田成朝、大井氏・品河氏・春日部氏・潮田氏・鹿島氏・小栗氏・行方氏、児玉党・横山党・金子党・村山党らとそうそうたるメンバーです。
関戸には、大将として北条時房と和田義盛が向かった模様です。

畠山重忠らの軍勢は、6月22日の午後、二俣川に差し掛かると、鎌倉を発した討伐軍に遭遇しました。
鎌倉勢は、万騎ケ原に布陣したようです。


スポンサーリンク

畠山重忠は、二俣川にて、今朝に長男・畠山重保が殺害されたことを知り、自分に追討軍が向けられた事実も把握しました。
負けるのがわかっていても、潔く戦うことが武士の本懐であるとして、大軍との合戦に挑んだ次第です。

二俣川の戦いでは、はじめ、安達景盛と主従七騎が、畠山勢に突入してきたと言います。
こうして、約4時間の激戦となりましたが、愛甲季隆(愛甲三郎季隆)の矢があたり、畠山重忠は討死しました。享年42。
畠山重忠の死を知った、畠山重秀や家来らは、自害した果てたと言う事になります。


スポンサーリンク

謀反を起こした畠山勢は大軍だと聞かされていた、総大将の北条義時は、二俣川での相手が少数だったことに驚いたようです。
泣きながら「謀反では無かった」と父・北条時政に報告したとされます。


スポンサーリンク

下記は、鶴ヶ峰付近に残る。、史跡の一覧です。
二俣川の戦いの時系列順に、ご紹介したいと存じます。

すずり石水跡

畠山重忠が、戦う覚悟をして、陣を構えた時に、この水で、墨をすったと伝わります。
畠山館にでも、書状を出したのでしょうか?

すずり石水跡

すずり石水跡は、谷間にありまして、昔は、崖から、湧き水が、僅かに出ていたのでしょう。
現在は、住宅地となっています。

すずり石水跡

すずり石水跡へのアプローチは、西側から入ると、高低差が少なくて済みます。

矢畑・越し巻き

鎌倉勢が放った矢が、大量だったので、矢の畑のようになったという伝承から「矢畑」と呼ばれています。

矢畑・越し巻き

なお、この付近で、畠山重忠が敵に取り囲まれたとする説と、矢が腰巻のように、ぐるりと取り巻いたという説があるようです。
現在は、写真の通り、矢畑・越し巻きを示す、細い柱が建っているだけとなっています。

さかさ矢竹

畠山重忠は、死ぬ前に「我が心正かればこの矢にて枝葉を生じ繁茂せよ」と言い、2本の矢を地面に突き刺したと言います。
その矢が根付き、毎年2本ずつ増えていき、ちょっとした竹林ができたそうです。

さかさ矢竹

その後、さかさ矢竹は、失われていましたが、重忠没後800年を記念して、平成17年に、復元されたそうです。

畠山重忠公碑

二俣川合戦の激戦の地に建立されました。

畠山重忠公碑

畠山重忠終焉の地とされますので、万騎ケ原古戦場跡の中心地とも言えるでしょう。
畠山重忠公碑と、さかさ矢竹は、鶴ヶ峰駅入口交差点のところに、一緒にあります。

鎧の渡しと首洗井戸

町田から伸びている鎌倉街道が、帷子川(かたびら-がわ)を渡る場所で、合戦になったようです。
昔は、川幅が広く、浅瀬があり、武士らは鎧を頭に乗せて、渡ったと伝わります。

鎧の渡しと首洗井戸

なお、首洗井戸は、1mほどの穴に、水が湧いていたそうで、畠山重忠の首を洗い清めた井戸だとされます。
現在は、川の流れが変わっており、渡った地点と、井戸も、失われています。


スポンサーリンク

鎧の渡しと首洗井戸の跡は、旭区役所の裏手にある駐車場の端にあり、案内柱などは、細い道路側にあります。

畠山重忠公首塚

畠山重忠の首塚と伝わり、供養した塚と、石塔があります。

畠山重忠公首塚

横浜市旭区役所から近く、近くには、上記の「鎧の渡しと首洗井戸」がありますので、セットでどうぞ。

六つ塚

畠山重忠や、畠山一族郎党134騎を埋葬した地とされます。

六つ塚

薬王寺境内には、畠山重忠の最期に従った、畠山一族と郎党134騎を埋葬したと伝わる、六つの塚があります。

駕籠塚

畠山重忠の妻・菊の前が、合戦になったとの急報を受けて、駕籠(かご)に乗り二俣川に急ぎ駆けつけたとされます。

駕籠塚

そして、畠山重忠の討死を知ると、この場所で自害したと伝わります。

駕籠塚

遺体は駕籠と一緒に埋められたとされ、かつては大きな塚があったようです。
駕籠塚は、山の頂上付近にあり、疲れますので、最後に訪問するようにコースを考えると良いかと存じます。


スポンサーリンク

畠山重忠が最初に結婚したのが足立遠元の娘・菊の前になります。
菊の前は、畠山重秀を産んでいます。
のち、畠山重忠は、北条時政の娘・栄子?とも結婚し、畠山重保が誕生しました。
この畠山重保と、北条時政の妻・牧の方の女婿である平賀朝雅の口論がきっかけで、畠山家は討伐を受けたのでした、

畠山重忠の墓は、あと、富山の楡原館近くにも存在致します。
2回ほど近くを通行したことがあるのですが、撮影までは行わなかったので、ちょっと、後悔しております。

交通アクセス

相模鉄道の鶴ヶ峰駅から歩いて回ると、観光所要時間は約1時間くらいになります。

道路が狭く、坂道も多いので、各史跡がある場所を、クルマで巡るのは、非常に困難です。
そのため、クルマの場合、有料駐車場に入れて、歩いて、付近を散策と言う感じになります。
旭区役所の第2駐車場(17台)が安いのでお勧めです。

徒歩にてお勧めの順番・周り方は、最初は平地部を周り、最後に山へと向かうと、疲労も最後になるので、途中が苦になりにくいでしょう。
最初は、畠山重忠公首塚、すぐ近くの鎧の渡し・首洗い井戸、トイレは区役所のを拝借可能です。
そして、畠山重忠公碑・さかさ矢竹、水道道を西に向かい、畠山古戦場「矢畑・越巻」、信号のある横断歩道を渡って北に向かい、薬王寺・六ツ塚。
六つ塚の辺りからは、小高い山に入ります。
そのため、すずり石水跡を経て、最後に駕籠塚と訪れますと、ラストは、下り道にて、鶴ヶ峰駅または、旭区役所の第2Pに戻れます。

各史跡の場所などは、当方のオリジナル関東地図にてポイントしております。
スマホで表示して、目的地として選択し「ナビ開始」にすれば、カーナビ代わりにもなります。
歩行用でも、ナビとしてお使い頂けますので、便利です。

鶴ヶ峰付近の道路は、慢性的に渋滞しますので、道路をむやみに横断するのは危険です。
道路を横断される場合には、必ず、横断歩道を渡りましょう。
夏場は、どうぞ、紫外線対策・熱中症対策を。

畠山重忠がよくわかる解説~武蔵最大勢力として忠義を貫いた武士の鑑
畠山館(畠山氏居館、畠山氏館) 畠山重忠公史跡公園
畠山重保の解説(2分でわかりやすく)~鎌倉・由比ガ浜に呼び出されて殺害される
武蔵・菅谷城(菅谷館)
足立遠元の解説【鎌倉殿の13人】文武両道の鎌倉武士
愛甲三郎館 弓の名手「愛甲季隆」の解説

フィードバックする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。