北条義時法華堂(北条義時墓跡)~鎌倉にある2代執権・北条義時の墓跡(国史跡)はこんなところ

北条義時法華堂

北条義時の法華堂とは?

2021年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公であ北条義時は、鎌倉幕府2代執権になった武将です。
1224年6月13日、北条義時が亡くなると、源頼朝の法華堂がある、東の山中にて、6月18日に「前奥州禅門(北条義時)の葬送。故右大将家(源頼朝)法華堂の東の山上をもって墳墓となす」とあります。(吾妻鏡)

北条義時法華堂

その、墳墓の地に、廟屋とも言える、新たに法華堂が建立開始されたと言う事が言えるでしょう。
そして、法華堂が完成すると、8月8日、走湯山(伊豆山神社)の浄蓮房により、墳墓堂の供養が行われました。

北条義時法華堂

少し、ややっこしいのですが、源頼朝の公式な墓所となったのが「法華堂」でして、その近くに、北条義時の公式な墓所として、別途建立されたのも、同じ名称で「法華堂」(ほっけどう)と言う事になります。

ただし、長らく、その北条義時の法華堂が、どこにあったのか、場所が不明でしたが、2005年に、鎌倉市教育委員会が、想定地を発掘調査しました。
その結果、長さ8.4m四方で、屋根の軒の出が12.4mという、大きな三間堂(さんげんどう)の遺構がみつかり、北条義時の法華堂跡と認定されています。
そして、2006年、国の史跡に追加指定・名称変更されました。

執筆時点での国史跡登録上は、2つの法華堂をまとめて「法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)」としているため、2つとも、同じところにある印象があります。
しかし、源頼朝の法華堂は、江戸時代に薩摩藩主・島津重豪が建立した、現在、源頼朝の墓がある場所にあったと考えられ、実際には、少し離れていると言うことになります。



なお、1231年、火災により、源頼朝の法華堂と、北条義時の法華堂は焼失しました。
すぐに再建されたようで、1247年には、三浦泰村がここに籠って、鎌倉幕府5代執権・北条時頼を迎え撃ちますが敗れ、三浦一族500名が、そろって自刃した地でもあります。
そのため、法華堂跡わきの山の崖にある「やぐら」のひとつに、三浦泰村一族の墓と伝わる墓石と卒塔婆があり、今でも供養されています。

三浦泰村一族の墓

なお、法華堂の建物は、日本が元寇の脅威にされされていたころの1280年、再び大火事にて、源頼朝、北条義時の法華堂、全て焼失したとされています。
<注釈> 北条義時の法華堂は、1310年まで、存在していたとも。
それからは、再建されることなく、鎌倉幕府も滅亡を迎え、忘れ去られていったようです。

なお、江戸時代中期に、源頼朝が祖だと主張する薩摩藩が、墳墓を整備しています。
北条義時法華堂の奥に更に階段が伸びており、その階段の上に、毛利季光の墓、大江広元の墓、島津忠久の墓が建立されました。
3つの墓の様子は、下記のサイトにてご確認頂けますと幸いです。

大江広元の墓・島津忠久の墓・毛利季光の墓【北条政子ゆかりの地を散策】

北条義時法華堂や大江広元の墓などへの入口は、2箇所あります。
当方のオリジナル地図にて、入口をポイントしてありますので、場所がわからず、迷った場合にはご確認頂けますと幸いです。
下記は、源頼朝の墓がある、大蔵・白旗神社近く(西側)の入口です。

北条義時法華堂の入口

もう1箇所、東側にも入口がありまして、どちらからでも、入れます。
毛利季光の墓などは、その法華堂跡の奥にある階段(下記)から、登って行きます。

大江広元の墓入口

階段は、2つ、並行してあるのですが、やぐら式の墓は3つ並んでいます。
左の階段は、毛利家が整備した、毛利季光の墓、大江広元の墓の階段です。
右側の階段は、島津家が整備した、島津忠久の墓の階段になります。
登り切ったところは、同じ高さの平地なのですが、階段が2つ、別々にある感じです。
上のほうでは、階段から、隣の階段に、なんとか移動はできますが、手すりなどはなく、急な階段ですので、落ちないように、ご注意願います。



正直に申し上げますと、観光スポットとは言いにくく、墓所跡である史跡と言う感じです。
発掘した遺構は、保存のため、埋め戻されているので、現地を訪れても、無造作に草原が広がっているだけにすぎません。
地元の皆様も、ほとんど、足を踏み入れることは無いようです。
大変失礼ながら、1度訪問させて頂ければ、もう2度と、行きたくないような雰囲気の場所でして、個人的には、鎌倉で、一番、行きたくないところです。
しかしながら、今回は、改めて撮影させて頂きたく、2回目の訪問・お参りをさせて頂きました。
救いだったのは、帰りに、2名ほどの観光客が、入って来たことでした。
源頼朝の墓は、意外と、訪れる方が多いですが、北条義時の法華堂跡は、ひとりですと、生きて、ここから出られるのか?とも考えてしまうような、とても寂しいところですのでね。

なお、北条義時の墓は、出身地である静岡県伊豆の国市の北條寺(北条寺)にも、伊賀の方(佐伯氏の娘)の墓と共に、あります。

交通アクセス

JR横須賀線・江ノ島電鉄の鎌倉駅より徒歩20分。
バスの場合、鎌倉駅・東口より、4番・5番バス乗り場から八幡宮・浄明寺方面行き(湘南急行バス)に乗車して、岐れ道バス停下車の徒歩約5分ですが、道路は渋滞しますので、歩いても同じくらいの所要時間と考えられます。
クルマの場合、駐車場がありませんので、鶴岡八幡宮など近隣のコインパーキング利用となります。
見学所要時間は、約15分といったところです。

もちろん、西隣にある源頼朝の墓も、セットでどうぞ。

鎌倉 源頼朝の墓【北条政子ゆかりの地を散策】
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
1分でわかる北条義時の解説【鎌倉殿の13人】鎌倉幕府第2代執権
5分でよくわかる【北条義時】の解説~鎌倉幕府・第2代執権の生涯「小栗旬さん主演鎌倉殿の13人」
伊豆・北条寺(北條寺)の解説~北条義時夫妻の墓がある江間の寺院
鎌倉【やぐら】2分でわかりやすく解説~鎌倉独特「墓の特徴」
鎌倉・伊豆など関東の史跡めぐりにも便利な関東地図

フィードバックする

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。