松尾大神・茅ケ崎市今宿
寺社仏閣

松尾大神・茅ケ崎市今宿

神奈川県茅ケ崎市今宿586所在の松尾大神(まつおおおかみ)を紹介します。

ご祭神:
大山咋命 ( おおやまくいのみこと )

祭礼:7月15日(浜降祭)(例大祭)

旧八王子道(さかな道)沿いにある地元では大切にされている神社の一つです。
古い時代の道祖神や庚申塔があり、
庚申塔の一つには「延寶八年」「九月吉日」と刻まれています。
「延寶八年」は西暦1680~1681年で「庚申」年です。
樹齢は定かではありませんが、
市内にある鶴峰八幡宮にある樹齢1200年を超える大イチョウに匹敵する
イチョウがあります。
そのイチョウから推定すれば、
創建から1000年程度は経ている可能性もあります。
毎年海の日に開催される茅ケ崎市の無形民俗文化財である「浜降祭」に
参加しております。
また、地元の方々のフェイスブックなどを拝見しますと、
9月には境内内にある摂社・祇園社天満宮の例大祭が行われているようです。
普段はひっそりとして静かですが、
地元の方々の参拝が日課の様に行われているようです。
また、境内は綺麗に清掃されています。
創建は不明ですが、
京都の松尾大社と関連があり、節目の年には
行事として京都まで参拝しているようです。
現地までのアクセスは、茅ヶ崎駅北口より徒歩35分程度です。
天気や気候がよろしければ、
国道1号線沿いを散策がてら行くのもよいでしょう。
途中には「第六天神社」「南湖の立場」「旧相模川橋脚跡」
などの見どころがあります。
国道1号線沿いなのでコンビニも数店舗あって、休憩は大丈夫です。
なお、国道1号線沿いを歩かれる際ですが、
茅ケ崎は自転車が大変多く、大抵の方はきちんとルールを守っていますが、
中には「マイルール」の方もいらっしゃいます。
くれぐれもご注意ください。

フィードバックする

投稿者

神奈川県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。