室田八王子神社(茅ケ崎市)・社殿の彫刻は江戸時代後期
寺社仏閣

室田八王子神社(茅ケ崎市)・社殿の彫刻は江戸時代後期

神奈川県茅ケ崎市室田1-13-35所在の神社です。

ご祭神:
忍穂命 ( あめのおしほのみこと )
天穂日命 ( あめのほひのみこと )
天津日子根命 ( あまつひこねのみこと )
活津彦根命 ( いくつひこねのみこと )
熊野久須毘命 ( くまのくすびのみこと )
多岐理比売命 ( たきりひめのみこと )
市杵島比売命 ( いちきしまひめのみこと )
多津比女命 ( たぎつひめのみこと )
大日霊貴命 ( おおひるめむちのみこと )
大山咋命 ( おおやまくいのみこと )

毎年海の日に開催される茅ケ崎市の無形民俗文化財「浜降祭」に参加しています。
写真は社殿ですが、この社殿の彫刻は江戸時代後期のものなのだそうです。
創建やご由緒は不明でした。
例祭(れいさい)(神幸祭 (しんこうさい))及び例大祭(れいたいさい)
は地元の保存会の方々の情報ですと、
5月の第3日曜日、とのことです。
神輿渡御が行われます。

最寄り駅はJR相模線「北茅ケ崎」駅徒歩20~25分程です。
近隣の神社には
高田熊野神社、菱沼八王子神社、赤羽根神明大神社があります。

フィードバックする

投稿者

神奈川県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。